スープラはずっと笑ってる

スープラと言う古い車を愛するアラサーです。 車と猫と熱帯魚が好き。

【スポンサーリンク】

【ボディスムージング】素人がカーモデルを作ってみる(スープラ編1)

※このブログはズブの素人がカーモデルに挑戦する企画なのでプラモを普段作ってる人はイライラするかもしれません(笑)温かい目で見守って頂けると幸いです。

(逆に色々アドバイスいただけると嬉しいです)

 

皆さんこんにちは!

僕は今年、新しい挑戦を沢山していきたいと思ってます。

そのうちひとつとして、カーモデルに挑戦してみようと思います!!

 

あ!カーモデルって言われてレースクイーンみたいなの想像したでしょ?!

まったく‥みなさんエッチなんだから!!!

 カーモデルてのは、車のプラモデルのことです!

今日から少しずつズブの素人が奥の深いカーモデルに挑戦して行こうかと思います。

 

早速、デビュー作に選んだのは・・・

じゃ~ん!

f:id:supramkiv:20180218204001j:image

タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.123 トヨタ スープラ プラモデル 24123

タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.123 トヨタ スープラ プラモデル 24123

 

 愛車でもあるスープラを作っていこうと思います!

 

とりあえず開けてみます。

 f:id:supramkiv:20180218200340j:image

 

 

パーツ多い!!

 果たして素人の僕はこれを組み上げる事が出来るんでしょうか?!

 

 

 

コンセプトは?

とりあえず制作に入る前に、どんなスープラにしたいか考えてみることにしました。

初めてですし、フルノーマルに作るのもアリと思ったんですが、

せっかくなんでなるべく自分のスープラに似せて行こうと思います。

途中で飽きないようにモチベーションアップも大切ですし!

 

さて早速制作に入ろうと思うんですが、プラモデルってどうやら何ヶ月もかけて制作していくものらしいんですよね。

 

なんでまずはボディから手をつけていこうかと思います。

 

f:id:supramkiv:20180218200421j:image

正直この時点でもうかっこよすぎます。

 

このまま塗装するのももちろんありなんですけど、自分のスープラに似せるためちょっと加工していこうと思います。

 

ウインカーを削り取ろう!

まずは僕のスープラはUS仕様にするためこの前期ウインカーを外して穴を埋めてます。

US仕様にはこのウインカーは存在しないのです。

※写真の赤丸で囲んだウインカー

 

 ビフォー

f:id:supramkiv:20180218201730j:image

 

アフター

f:id:supramkiv:20180218201920j:image 

 

なのでプラモの方も同じようにしたいと思います。プラモを見ると・・・

f:id:supramkiv:20180218202041j:image

このように前期ウインカーが存在します。

こいつを削り取ろうと思います。

サンドペーパーでスコスコスコ・・・

 

プラモに限らず車をいじる時も磨くって行為は良くあるんですが、

僕は磨くということが苦手です。

何故かというと終わりがわかんないんですよね。

いつまでやればいいのか分からなくなってこんくらいでいいかな?って終わって

結局磨き足りないということが良くあります(笑)なので今回は入念に磨いときます。

 

ここまで段差が無くなれば大丈夫でしょう!

f:id:supramkiv:20180218202439j:image

 

さらに僕のスープラはアンテナ、リアウオッシャー出口が付いていないので同じように削り取りました。

 

また、ウイングもついてないのでプラモのウイングを付けるための突起も同じように無くします。

 

足づけをしよう!

これはプラモに限らず塗装の基本なのですが、

塗装面があまりツルツル過ぎると塗装のノリが悪くなります。

なので敢えてサンドペーパーで細かい傷をつけて塗装のノリをよくします。

これを足付けと言います。

全体を磨くことによって細かいバリや段差も無くしていきます。

f:id:supramkiv:20180218203104j:image

 

削りまくりです・・・。

 

筋彫りをしよう!

次は筋彫りというのをしていきます。

筋彫りというのは完成時に立体感などを出すためにドア筋などを深くすることらしいです。私にこんな知識は当然なくフォロワーさんが教えてくれました。

ありがとうございます!

 

使うのはこの道具。「Pカッター」

f:id:supramkiv:20180218203646j:image

 

この不思議な形状をしたカッターで溝を深くしていきます。

f:id:supramkiv:20180218203733j:image

これがまた細かいんですよ・・・。

あまり力を入れすぎるとすぐそれて違うとこを傷つけます。

軽く何度もするのがコツのようです。

 

最後に 

このように今日はボディを作って行きました。

本当にこれでいいのだろうか(笑)

素人なので正直全然わかってないです!

アドバイスなどいただけると嬉しいです。

次回は塗装、もしくは足回りの組み立てかな?

 

次回へ続く

www.supramkiv.net

 

 

【スポンサーリンク】