スープラはずっと笑ってる

スープラと言う古い車を愛するアラサーです。 車と猫と熱帯魚が好き。

【スポンサーリンク】

ワイルドスピードアニメ祝!僕らを魅了した当時カスタム「スポコン」を振りかえってみる。

どうやらワイルドスピードがアニメ化するらしい!

 

theriver.jp

 

【スポンサーリンク】

 

これは非常に楽しみ。

Netflixでの配信みたいだけど。

 

さあさあ、ワイスピといえば、たくさんのクルマ好きに愛された映画であり

たくさんの少年をクルマ好きにした作品。

 

僕も例外ではありません。

なんといっても一作目でブライアン(ポールウォーカー)が乗ることになるオレンジのイカした車「スープラ」は僕の愛車でもある。

f:id:supramkiv:20180425171503j:plain

 

僕のスープラ

f:id:supramkiv:20180425171638j:plain

 

実は同じクルマなんですよ!

スープラに乗ってると良く聞かれるのが

 

「ワイルドスピードに憧れて買っちゃた系?」

 

と言う質問。

これかなり聞かれます。

聞かれすぎて少しうんざりしてました(笑)

 

そうではないんですよ。僕は昔から好きだったんですよ。

ワイスピも好きなんだけどそれより前からずっとスープラ乗りたかったの!

 

まぁそれはどうでもいいんだけど...(笑)

 

この映画の一作目がヒットしてクルマ好きのなかで流行ったカスタムが

「スポコン」ってやつですね。

 

スポコンといってもスポ根ではない。

スポーツコンパクトの略だ。

 

アメリカで日本のスポーツカーが大ブームを起こした理由それが

スポーツコンパクトなんだよねぇ。

 

向こうのスポーツカーってでかいの!

アメ車はでかけりゃ正義!速い車はデカイ!

みたいな図式がある。

ちなみに僕はアメ車大好き!

 

しかし日本の車は小さいくせに速いのね

だから向こう(アメリカ)の若者の中で

 

「こいつはすげえぜ!HAHAHAHA〜!!」

 

って感じで日本のスポーツカーが流行った。

向こうの若者がどんな風に日本のスポーツカーを乗り回してたかと言うと

 

ド派手な色!ド派手なエアロ!ネオン管!

みたいな感じ。

それこそワイルドスピード1作目を見たらわかるけど...!

【スポンサーリンク】

 

f:id:supramkiv:20180425172830j:plain

 

そして日本でも流行った!

アンダーネオンって言うんだけど

車にネオン管をつけて光らせるのがそりゃあ流行った!

 

ナイトミーテイングとかが良くあってたよね。

みんな車光らせてさ。

 

しかし、車のカスタムも流行りがあるんだよね。

実際、ワイスピ見てもわかると思うけど、

作品が新しくなる毎に車のカスタムはシンプルになっていく。

 

今はなるべくシンプルにクリーンに..!

と言う流れになってるんだよね。

 

わかりやすく言うと

純正の形を残したまますっごく車高を下げるとかね。

スタンス系とか言うんだけど。

 

youtu.be

 

今の時代にネオン管なんて入れてたら化石扱い。

ただ今でもスポコンの根強いファンはいるし

個人的にはそう言う車も大好き。

 

車のカスタムの流行りはファッションと同じで繰り返すんだよね!

なんでまたスポコンがは流行る時代がそのうち来るかもね!

 

こんな風にクルマ好きにスポコンという文化をぶち込んだワイルドスピードは

やっぱり偉大な映画であるのは間違いない。

 

何度見返しても面白い。

特に一作目は見たら当時のことを思い出す(笑)

 

アニメ化あめでとう!

これを機にまたシリーズを見返してみようかな!

 

【スポンサーリンク】

 

 

 

【スポンサーリンク】