スープラはずっと笑ってる

スープラと言う古い車を愛するアラサーです。 車と猫と熱帯魚が好き。

【スポンサーリンク】

佐川のお兄さん

どうも!こんにちは!

ふみっちょです!

 

ツイッターのアイコンをハロウィン仕様にしました!

 

f:id:supramkiv:20180904162344j:plain

 

ちょっと早めですが...w

 

それはそうとしてこの前...

 

てなツイートをした!

今日はこれについてブログを書いていこうと思う!

 

【スポンサーリンク】

 

 

今の家に引っ越してきていつの間にか半年くらい過ぎます。

 

宅配や集荷で佐川急便さんに頼むとだいたい同じ方がきてくれる。

佐川急便って担当制なのかな?

そのへんはわからないけど、こんな感じのお兄さん

f:id:supramkiv:20180904163605j:plain

まぁ要するにあまり愛想が良く無いんですね!

(佐川の制服がよくわかんなかった)

 

と言っても僕も別に宅配員の方にそこまで愛想は求めていないので

(そりゃ無いより有る方がいいのはいいけど)

特に会話なんかもなく、いつも業務的にサインをして荷物を貰っていた。

f:id:supramkiv:20180904165119j:plain

 

そんな日が何ヶ月も続いたある日のこと...

 

この日はヤフ◯クで売りに出した大きい車部品(確かバンパーだったかな?)

を集荷に来てもらう予約をしてた。

 

ピンポーン!

「はいはーい」っと玄関のドアを開けると...

 

汗だくのいつものお兄さんが立っていた。

f:id:supramkiv:20180904165235j:plain

 

そりゃそうだよな...

この日は40度越えの炎天下...

汗もダクダクになるだろう。

 

なんとなくというか自然にポロっと言葉が出た

「あ、お茶飲みます?」

 

本当に無意識に自然に出た。

多分何度も顔を合わせててなんか顔なじみ感があったんだろうな

 

一回もまともな会話はしてないけどw

 

お兄さんはちょっとキョトンとして

「え?...いや大丈夫です」

 

みたいなことを言っていた。

まぁもしかしたら会社でそういうのはもらうなって言われてるかもだし

知らない人にもらう飲食物はこのご時世ちょっと抵抗があるよねw

 

お兄さんが帰った後

 

僕は「へんなこと言ったなぁ」

と反省を少し反省した。

f:id:supramkiv:20180904170505j:plain

 

【スポンサーリンク】

 

 

そして数日後...

また集荷を頼んだ。

 

ピンポーン

「はいはーい!」

 

またお兄さんが立っていた。

いつものように伝票を貰い書こうとすると...

 

お兄さんが

「あ!着払いの伝票をたくさん持って来ましたので、持ってていいですよ!

今度からよんでくれる前に書いてて頂けると楽だと思いますので!」

f:id:supramkiv:20180904170833j:plain

お?

今まで何度か着払いで集荷を頼んだのに一度もそんなこと言われなかった!

まさか...気を使ってくれている?

 

それから、宅配や集荷に来てくれるたびに2、3こと会話をするようになった!

f:id:supramkiv:20180904172541j:plain

この一通りの体験を通して

僕らって

人と出会う度に結構チャンスを逃しているのかもしれない。

と感じた。

 

挨拶一つで、関係性が円滑になったり

怖そうな人でも一言話したらすごくいい人なのかもしれない。

でも、めんどくさくて挨拶をしなかったり、先入観で勝手に怖がったり...

 

別に誰構わずに話しかけろって事じゃ無いけど

話す機会が与えられた人とは精一杯話してもいいのかも

 

もしかしたら、それが運命の人なのかもしれないし

f:id:supramkiv:20180904181555j:plain

 

 一歩踏み出さないとわからない事ってたくさんあると思う。

(もちろん藪をつついたら蛇..ってこともあるかもだけどw)

 

実際、今回の出来事もポロっと出た

「お茶飲みますか?」

が引き金になったわけで、この一言がグッと距離を縮めた。

 

何事もやってみて後悔すればいい!

ちょっと声かけてみて塩対応なら自分も塩対応すればいいしね。

f:id:supramkiv:20180904172249j:plain

 

なんか少しだけど自分の人生観に影響を与えてくれた出来事でした。

お兄さんありがとうw

【スポンサーリンク】