スープラはずっと笑ってる

スープラと言う古い車を愛するアラサーです。 車と猫と熱帯魚が好き。

【スポンサーリンク】

隙間がないヘッドライトになぜ水滴が入るのか?

スープラオーナーの8割は
ヘッドライトに悩んでると思います。
なぜかと言うとこのようにスープラのヘッドライトは水滴入りやすいからです。

f:id:supramkiv:20180308190254j:plain


特に前期はカバーが黄ばみます。
後期ヘッドライトは黄ばみは改善されてますが..

 

黄ばみについてはこちらにも書きましたので読んで見てください

www.supramkiv.net

 

なので「今日はなぜ水滴が発生するのか」と言う持論と対策をお話視していこうと思います。

<スポンサーリンク>

 

なぜヘッドライトの内部に水滴が付くのか 

原因は主に2パターンあると思います。


1. 単純にヘッドライトが破れてるパッキンが破れてるなどで隙間が出来て浸水している。
2. ヘッドライト内に湿気があり外気との温度さで水滴が発生する。

 

一番の方はコーキングし直すといいかもですね!

しかし大抵のスープラのりは2番の「ヘッドライト内に湿気があり外気との温度さで水滴が発生する。」で悩まされている人が多いのでは無いでしょうか?

新品でもスープラはこうなることが多いんですよね。
 
スープラはヘッドライトのレンズ面が大きい(お目目大きいかわいいフェイスだもんね)ことが考えられます。
 
また2jはそれなりに排気量があるエンジンなので
 クリアカバー面は風で冷えるし、裏はエンジンで熱い

それで、真夏のキンキンに冷えたコーラを注いだグラスの様な状態になり
内部に水滴が付いてしまうのだと推測しています。
 
※勝手な推測です
  イメージ図

f:id:supramkiv:20180308190755j:plain

対策(洗車後に注意)

洗車後に水滴がよく出るって方も多いのではないでしょうか?

これも先程書いた事と同じ現象がおこってるんだと思います。

洗車後にエンジンルームに侵入した水がエンジンの熱で水蒸気になりヘッドライトの通気から侵入してしまい、先程のように水滴になってしまう。

特に洗車場などに車を走らせて行く人は、エンジンが暑くなってるので注意です。

 

僕はこれを防ぐためになるべく洗車時にエンジンルームに水を入れないようにしてます。

具体的にはこの部分にタオルを詰めて水を入りにくくします。

f:id:supramkiv:20180308193253j:plain

 

ちょうどヘッドライトの下ですし結構ここから水が入っちゃいますので

この穴をタオルで塞いで洗車をします。

そして洗車後は即座にボンネット開けて換気しながらボティの拭き取りをします。

 

これだけで洗車後に曇ることはほぼなくなりました。

 

雨の日に雨水をで水滴ができるのは仕方ないかもしれません。

僕自身は雨の日は極力スープラは乗らないので雨の日に水滴が出かはわかりませんが..

 

ちなみにバルブをハロゲンからHIDやLEDに変えるだけで水滴が出なくなる人もいるみたいですよ!ハロゲンはすごい熱量を出すので...!

 

他にもこう言う方法で改善できたって言うのがあればコメントで教えてください!

みなさんで共有できたらなと思います!

 

では!

 

【スポンサーリンク】